b10023「環境と経済の文明史」 経済発展と自然環境保全の両立を歴史を紐解いて考える ☆☆☆
日経新聞の書評で推薦されていて、興味をもって読んでみた。

大量生産大量消費の時代が限界にきていて、ここからどのように舵を切ればよいのかということを見据えているのだが、歴史をひも解き、文明のはじまりから農耕や科学技術がどのように発展してきて、それが自然をどのように利用してきたものなのかを明らかにしていく。
その上で、大量生産大量消費を実現できた科学技術の進展に一定の評価を与える。
また、大量生産自体にも、資源を効率的に使えるというスケールメリットの面で評価を与えている。一方で、自然の余剰生産物を掠め取り、資源抽出時に環境に負荷を与え、さらに経済活動の残余物を捨てることによって自然に負荷を与えている負の側面がある。

ここで「ポーター仮説」が紹介される。
<<適切に設計された環境規制は技術革新を促すことによって企業の国際競争力を向上させ、更には他の企業にも波及効果をもたらす。>>p.217という仮説である。

このように自然系から資源を採取したり、自然系へ残渣を排出するとき、自然のみならず経済にも悪影響を与えることを踏まえ、悪影響をマイナス価値として市場経済に信号を送ることで、自然と経済のバランスをとった持続可能な経済が成り立つとする。筆者はこれを「グリーン・キャピタリズム」と呼んでいる。

経済発展と自然環境の両立のために必要なものが、見識と知恵としている。
さらに踏み込んで見識は教養ではないかとしている。

目指すべき目標からバックキャスティング的に現在のとるべき道を考えていき、経済と環境が両立できるシステムを作っていく必要性を述べている。


全体的に文章も展開もわかりやすくて大変いい内容だった。

| 読書(環境)| 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) |

b09015「ロハス・マーケティングのススメ」 さらさら読めるが ☆
ロハス・マーケティングのスゝメ (ソトコト新書)
ロハス・マーケティングのスゝメ (ソトコト新書)
相原 正道


さらさら読める新書なのだが、あまり引っかかるところがなかったかな。
ソトコト新書なので、ソトコトの延長にあって、それ以上の分析や主張が特に盛り込まれているものではなかったように思います。
僕は若くしてこういった本を書かれる著書のキャリアやポジションに少し興味がわきました。
| 読書(環境)| 00:54 | comments(0) | trackbacks(0) |

b09013「エコイノベーション」 循環経済から持続可能経済へ
エコイノベーション―持続可能経済への挑戦
エコイノベーション―持続可能経済への挑戦
山本 良一,鈴木 淳史

大量生産・大量消費・大量廃棄の世「使い捨て経済」では限界があり、そこから3R(recycle,reuse,reduce)「循環経済」への移行を説くところは、他の環境マネジメントの書籍と同様だが、作者はさらに「持続可能経済」への移行の必要性を述べている。

「持続可能経済」は、脱温暖化、生物多様性の保全、貧困の解決を含んだもので、そのためにファクター10、ファクター20の考え方を紹介している。
これはワイツゼッカーとロビンズ夫妻の「ファクター4」をベースにしていて、世界人口の20%を占めるOECD諸国が資源エネルギーの80%を利用している現状の平等性を是正するために、OECD諸国が使用料を四分の一に減らすさなければならないという前提条件を設定し、そのためにはエネルギーの生産性(物質エネルギー集約度、製品性能)を4倍にする必要性を説いたものだ。
ファクター10はそれが10倍、20は20倍ということになる。
 環境影響=人口×GDP/人口×環境影響/GDP
とした場合に、2050年には1990年比でそれぞれ、2倍、5倍となることを踏まえると、環境影響/GDPを1/10にする必要があるとするのがファクター10である。
さらに、これまでの環境負荷分も取り戻すのがファクター20である。
単純に資源投入量を減らして、廃棄物を減らすだけでなく、製品をサービスに換えるという提言をしている。これは物を購買するのでなく、シェアや委託サービスを選ぶという方法だ。

ファクター10のような理論が数量面から細かに説明されているのが、この本の特徴である。論文からの引用などもあって、かなり学術的な根拠を示しているように思う。(逆にそこの理解をするのが大変で読み応えがある。)

最後には、エコイノベーションの国内事例を挙げている。

印象に残ったのは以下のもの。
・非営利活動法人スペースふうの「リユースカップレンタル」
・菜の花プロジェクトネットワークの「菜の花プロジェクト

・鹿島建設の「緑地遺産活用コンサルティング


ちなみに、鹿島建設のプロジェクトは僕が修士論文で10年前にやったGISを使った緑地評価手法と全く同じことをやっているようだ・・・。
なんだか口惜しいような・・・(ちょっと溜息)。
| 読書(環境)| 11:52 | comments(0) | trackbacks(0) |

b09011「サステナビリティ経営」 ストックの循環利用が求められる時代の経営のあり方とは ☆☆☆
サステナビリティ経営 (講談社BIZ)
サステナビリティ経営 (講談社BIZ)
三橋 規宏


なぜサステナビリティ(持続可能性)が経営に必要とされるのか、といった観点から入って、サステナビリティを行っている実例に落とし込み、企業価値が株主価値にとどまらずステークフォルダー全部に価値を提供しなければならないものであるというところにまで落とし込むという構成であり、大変わかりやすい。

冒頭はなぜサステナビリティが今必要とされるかについて説明されていて、地球の資源は有限であって、従来の大量生産大量消費型では早々に限界に達してしまうという観点で捉えている。

そこで必要な学問としては「経済学」は環境許容限度やストック、資源制約といった観点では限界であり、そうした概念を網羅できる「環境経済学」がこうした問題を解決できる学問であろうとしている。

ここで提示している重要な図が、自然の利用と社会的公正(生活の満足度)の二軸で示されているもんので、大量生産の時代に満足度は上がっていくがどこかで限界となって、あるところで満足度は下がっていってしまう。
つまり自然の利用には満足度が極大化する「環境許容限度」(B点)が存在していて、既に我々はそのB点を超えているという考え方だ。
そのため、これまではフローを利用していたが、今後は今あるものを循環利用するストックの考え方が重要になるという。

ストックの考え方として、自然資本活用の3原則があり、ここでは|六挫肋辰慮饗А↓∧散型エネルギーの利用、G儡物の地域内処理を挙げている。

このあたりの環境マネジメントの思考のプロセスは、よくまとめられていてわかりやすいが、割と一般的なところであると思う。

サステナビリティ経営の実例に挙がっていた「伊那食品」は素晴らしい会社のように思えた。
無理のある成長を追い求めず、気の年輪のように少しずつ育つ会社を目指すといった、とても誠実な経営を行っている会社だ。
また、そうした会社の経営は、株主ばかり見ていてはできない経営であることもうなずける。一般に株式会社は企業価値を高めることが最大の目的であり、それにはファイナンス的に事業によるフリーキャッシュフローを最大化してWACCを小さくすることが肝要とされていて、それでは投資家(特に株主)ばかりを見ることになってしまう。
それを避けるには上場しないというのも一つの判断なのだろう。
また、伊那食品のような無理をしない成長というのも斬新に思えた。なるほどがむしゃらに成長することだけがすべてではない。少しずつの成長でもステークホルダーすべてに愛される会社のほうが確かに素敵なわけだ。


(参考)プレジデント08年12月号の塚越寛会長へのインタビュー
http://president.jp.reuters.com/article/2009/01/16/AFC213AC-E202-11DD-9F4A-D0293F99CD51.php
私が大事にしていることは3つある。それは時間軸、公、「利他」ということ。

まず時間軸だ。私は常に会社の永続を目指すと社員に話している。会社が長く続くために急成長は必要ない。
 屋久杉の年輪をご覧になったことがあるだろうか。年輪はものすごく細かい。屋久杉は低成長だからこそ、6000年も生きていられる。会社も同じ。1年の成長が少ないほど長生きできる。

(略)

時間軸ともうひとつ大切なのは「公」を意識すること。うちには「仕入れ先を大切にする」「町づくりをしっかりやる」といった決めごとが10カ条あるが、その精神は、公を意識しながら会社を運営していくことの大切さだ。公を意識することは、すなわち自分自身の行動を客観的に眺めることにつながる。経営者や上司が公の意識を持ち、大きな視点で行動していれば、おのずと社員たちとのつきあい方にも節度が出てくる。

最後に、人間関係をよくするために何をするかと問われたら、答えはひとつしかない。それは利他ということ。自分だけの利益を追求するのでなく、他人も一緒に幸せになろうということ。私にとって利他の対象はまずは社員だ。

むろん、人生にはつらいときや苦しいときがある。でも、そんなときは「自分は小説の主人公なんだ」と思い込めばいい。そして、「小説のなかで今はつらい時期だ。しかし、この小説(人生)は必ずハッピーエンドで終わる」と考えれば、乗り切ることができる。



| 読書(環境)| 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) |

b09009「ロハス・ワールドリポート」 未来を肯定する生活スタイルのロハス ☆☆
ロハス・ワールドリポート―人と環境を大切にする生き方 (ソトコト新書)
ロハス・ワールドリポート―人と環境を大切にする生き方 (ソトコト新書)
木村 麻紀


欧米でのロハスな生活スタイルや製品を取り上げた本。
NYの地産地消のファーマーズマーケットの取り組みなど面白みを感じた。最後のほうでは、SRI、ソーシャルバンクなども取り上げている。
世界はまさにこうした方向に向かっていくのだろうと希望のもてる本。
ロハスというのは、未来を肯定的に考えていくライフスタイルだと思う。だから、読んでいて、明るい気分になれるんだろうね。

| 読書(環境)| 00:08 | comments(0) | trackbacks(0) |

b09008「次世代環境ビジネス」 投資家・起業家目線での環境ビジネス総覧 ☆☆☆
次世代環境ビジネス―成長を導き出す7つの戦略
次世代環境ビジネス―成長を導き出す7つの戦略
尾崎 弘之

ベンチャー・キャピタル出身の著者が書いただけあって、環境ビジネスと言いながら、環境への思いがつづられることもなく、投資先やベンチャービジネス立ち上げのための環境ビジネス案内の趣が強い。

ただ、日本では筆者も書いているように、環境の時代と言っても、アメリカのように環境系のベンチャーがどんどん起業していくような状況にはない。それは環境の技術をすべて大企業の中に内在させてしまっていて、そこから起業してみようという人が出てこないことにあるようだ。

だから、この本も環境ビジネスをエネルギー、自動車等を細かいところまで救いあげているにも関わらず、技術が実社会的でなくて、個人的に起業してみようというところから離れてしまっているようにも思える。

一方で、こうした環境ビジネスのニーズ、シーズを扱って、太陽光、太陽熱、風力、燃料電池、バイオ等をきちんと網羅した本もなかったように思う。この本を読めば、技術的にどういう問題があって、どこに可能性があるのかが、最先端レベル(ベンチャーに投資しようと思う投資家レベル)まで抑えることができるから、たいしたものだと思う。

これを読んでいて、エネルギーと自動車における日本のビジネス動向で問題となる点がよくわかってくる。
それぞれ、これまでの業界の中だけで考えてはいけない時代にさしかかっているのだが、各業界は権益を守ったり、新しい領域に出ていくのに躊躇しており、イノベーションのジレンマでひっくり返される可能性があるということだ。p.171
イノベーションのジレンマというのは、既にある一定の利益を上げている業界においては、思いきったコペルニクス的転回的なイノベーションを起こすことができないため、守るものがないベンチャーのほうがイノベーションを起こしてすべてをひっくり返すことができることを言うようだ。例えば、マイクロソフトに対してのオープンソースのリナックスという構図のことを指す。
つまり、自動車会社にとってみれば、今後プラグインの電気自動車や、バイオエタノールなどで走る自動車が出てきた場合、自動車業界は電機業界やその他の業界まで含んだ競争となるというわけだ。
エネルギーについても、スマートグリッドの考え方で発電プラントと消費者がネットワークによって連結して、需要と供給に無駄がなくなる時代がやってこようとしていること、あるいは様々なエネルギー源が増えてくると、これまでの電力会社やガス会社はひっくり返される可能性があるということだ。
エネルギーは特に\源此↓貯蔵・運搬、消費において、貯蔵・運搬に大きな非効率性があるという。本当はそこを改善しないといけないのに、そのままになっていて、環境負荷的に大きな問題と感じる。今後 銑がスマートグリッドで垂直統合されていくことになるという予測を筆者はしている。

かなりの情報が詰まっていて、環境ビジネス事典的な本のようにも思えた。

| 読書(環境)| 12:44 | comments(0) | trackbacks(0) |

b09007「「環境経営」宣言」 アメリカでのグリーン・ビジネスの広がり ☆☆☆
「環境経営」宣言―グリーン・ビジネス時代の幕開け
「環境経営」宣言―グリーン・ビジネス時代の幕開け
武田 浩美

環境問題を「新たな価値創造」を生み出すチャンスととらえて「グリーンビジネス」(地球環境考慮型の企業経営)を行うアメリカ企業の最新トレンドを紹介した本。

前半は、「グリーン・トゥ・ゴールド」など紐解きながら、低炭素社会の実現や持続可能な社会の実現に向けた取り組みを紹介する。カーボン・オフセット、カーボン・フットプリント、エコロジカル・フットプリント、グリーン・デザイン、再生可能なエネルギーといった概念をわかりやすく説明している。
後半は、ウォルマート、グーグル、イケア、ヴァージン・アトランティック、ホールフーズといったグリーンビジネスの先端をいく大企業の現場での取り組みを取り上げている。
この本を読んで、「everyday low price」に代表されるコストカッターで労働搾取的であったはずのウォルマートへの見方がかなり変わった。また、グーグルの自然エネルギーへの取り組みや地産地消の無料社内食堂には思わず感嘆してしまった。

最後には、ミネラルウォーターから水道水支持への新たな変化、地産地消のロカボアの動きなど、アメリカの最新の取り組みが紹介されていて興味深かった。
いろいろと環境関係のビジネスアイディアも湧いてくる本だった。

| 読書(環境)| 23:23 | comments(3) | trackbacks(0) |

b09006「環境ビジネスのいま」 ☆☆
環境ビジネスのいま (NTTデータ経営研究所情報未来叢書)
環境ビジネスのいま (NTTデータ経営研究所情報未来叢書)
NTTデータ経営研究所


各論的で全体像がつかみにくいのが難ではあるけれど、日本が国家として企業と取り組んでいこうとしている環境ビジネスの最先端が見えてくる本にはなっている。

第2章の「地球温暖化対策を評価軸として高度化する3Rビジネス」(指田光章氏担当)が全体の中では面白かった。
リサイクルから3R(リサイクル、リデュース、リユース)への転換が起きていて、どのオプションを使っていくかを環境負荷を定量化できるLCA(ライフサイクルアセスメント)で評価するという流れがわかりやすい。
さらに段階を進めたものが、

<<抜本的なCO2対策として、枯渇性資源の消費を最小限に抑える「低炭素社会」の実現をキーワードとして、化石燃料やそれから製造されるプラスチックの代替物としてのバイオマスに大きな期待が寄せられている。
バイオマスとは、生物資源(bio)の量(mass)を表す概念で、「再生可能な、生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの」である。
このようなバイオマスを燃焼させた際に出るCO2は、光合成により大気中から吸収したものであるため、化石燃料を燃焼させて出るCO2と異なり実質的に大気中のCO2を増加させることがない。この性質を「カーボン・ニュートラル」と呼ぶ。>>p.45

今後の課題としては、たぶん
・国や自治体が、現在のプラスチック等のリサイクルについて、LCAにより環境負荷低減のできる仕組みを導入する。これによって、3Rのどれを使うかがはっきりするのではないか。また、何かの事業活動を行うときのオプションの選択として、環境負荷低減の指標からも比較が可能となる。
・バイオマスを使った循環型システムを試行していき、いずれはリサイクルからの移行を進める。
ということにあるように思う。
いずれにしても、この2つは間違いなく今後の環境ビジネスを担わなくてはいけないものになるのではないだろうか。
| 読書(環境)| 11:22 | comments(0) | trackbacks(0) |

b09004「グリーン・トゥ・ゴールド」 環境配慮を企業戦略に組み入れるのが当たり前の時代 ☆☆
グリーン・トゥ・ゴールド―企業に高収益をもたらす「環境マネジメント」戦略
グリーン・トゥ・ゴールド―企業に高収益をもたらす「環境マネジメント」戦略
ダニエル C.エスティ,アンドリュー S.ウインストン,村井 章子

環境マネジメントを企業戦略に結びつけて、利益を生み出すことについて、企業の事例をもとに解き明かしている。

戦略的CSRを提唱したマイケル・ポーターが推薦しているだけあって、環境と企業戦略への結び付け方が、この本には描かれている。
ポーターの戦略的CSRでは、企業活動の中で永続的な競争優位性を生み出すCSRをするのに、どの社会問題を対象とすればよいのかについて、フレームワークが紹介されていたが、この本でも同じように、どのような環境問題を解決することで永続的な競争優位性を築けるかにページが割かれている。
フレームワークもいくつか紹介されている。

また、実際の企業活動の中で、環境問題をクリアしていくことで企業が利益を生み出すことができた例を紹介している。(無論、逆もある。)

方法としては2つあって、効率性を高めたり規制対策にいち早く取り組むなどしてコストやリスクを減らす方法と、環境対策によって付加価値を高める方法<エコ・アドバンテージ戦略>があるとしている。

これを読んでいて思うのは、環境配慮というのは仕方なくやっているものではなく、グローバル企業であれば、取り組んでいかなければ、勝ち残っていけないということだ。
CSRと同様に、環境は「戦略」の一環として捉えないといけないということだ。
こういう本を読んでいると、なるほどーで終ってしまうので、企業の具体例を深堀りするとよいのかもしれないね。


参考)
コーヒー・ブレイク(西村三郎氏のブログ)
http://nsweb.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/5-1dbc.html
戦略的CSRとこの本の関係性について書かれています。
フレームワークが画像になっているし、よくまとまっています。
| 読書(環境)| 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |

b09003「環境法入門」 話が全体論すぎかな ☆
環境法入門 (日経文庫)
環境法入門 (日経文庫)
畠山 武道,北村 喜宣,大塚 直

92年以降の環境マネジメントの法整備について読みたかったのだが、公害や自然保護などちょっと今更的なところも網羅されていて、全体論すぎたかな。


| 読書(環境)| 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
Page: 1/2   >>

Category

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode