b10017「アダム・スミス 『道徳感情論」と『国富論』の世界」 人間の賢明さと弱さのバランスがとれる市場にしよう ☆☆☆
昨年読んだ本を勉強会用として読み返してみた。仕事が忙しくて、結局、勉強会に参加できなかったわけだけど。

アダム・スミスの著作の『道徳感情論』では、人が他社の目を気にして生きていることを喝破して、人からの一目得られ尊敬を得るために、富や地位を得ようとするという。

<<スミスは、私たちは健康なとき、元気なときには、富と地位の優雅さに魅了され、それらの獲得が自分の苦労と懸念のすべてに十分値すると想像し、満足すると論じている。しかしながら、スミスは、富や地位が個人に不変の幸福を与えるとは決して述べていない。>>p.78

幸せとは何の関係もないのに、富や地位を得ようとする、人間の弱さが経済を押し上げる原動力になることもまた否定できないとする。
本来であれば、人はその賢明さによって徳への道を志向すべきであるが、結局財産への道を志向する者が多くなる。人は賢明さと弱さをもつものなのである。しかし、あまりに財産を追って皆が利己主義に走れば、市場のバランスは崩れてしまう。そのため、そこにフェアプレイのできる市場を用意しておくことで、「神の見えざる手」がうまくコントロールして、市場全体としてうまくまわっていくことができる。

先のリーマンショックに端を発した経済不況は、フェアプレイのできる市場がうまく成り立たなくなってしまって、人の弱さが前面に出てしまったことが問題だったのではないか。

もうひとつの『国富論』では、経済が発展していくためには、「分業」と「資本蓄積」が成り立っていくことが重要とする。
ここでは、地主→資本家→労働者といった構造において、資本家が資本を蓄積して、生産活動を行った利益剰余を再度、投資していくサイクルをまわしていくことで、好循環が生まれることを示しているが、利益剰余が貯蓄にまわるまえに、自己消費と税金等の不生産的な労働の雇用にとられてしまう。
この税金が曲者で、恐らく高い法人税の日本もそう言えるのだろうが、そこから国として行わなければならないものに使っていくわけだが、その配分が大きければ大きいほど、資本家の活動は制限されてしまって、経済の成長を阻害してしまうことになる。
日本はバラマキ型の政治になってしまっていて、これが当てはまってしまっているのではないかとおも思った。

また、スミスは過去において、イギリス等の列国の自国の相対的な経済優位性を得るために行った重商主義(植民地と本国の間だけで物をやりとりする)が、全体のパイを広げることを阻害してしまったために、経済成長を阻害していたことを喝破する。
また、政府による優遇や抑制も同様である。
自由な市場において、フェアプレイのできるルールを作った上で、自由に物を交換していくことができるようになれば、世界経済は全体として成長できる。

一方、今の世界は疑心暗鬼にかられて、自国を守ろうとすることで精いっぱいなのではないのかな。

この本は内容が濃く、非常に勉強になる。


1回目の感想(2009年8月)
 http://blog.pakira.net/?eid=1138360
| 読書(経済学)| 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) |

b10012「グローバリゼーション」 近代史におけるグローバリゼーションの整理 ☆☆
経済学の勉強会のために読んだ本。

グローバリゼーションというと、僕は1970年代以降にマクドナルドのようなファストフードやらマイクロソフト製品が世界中に広がっていったアメリカ化的なグローバリゼーションを思い浮かべるが、この本では現代におけるグローバリゼーションの現象や意味、問題を取り扱っていない。
この本の主題は、世界史上におけるグローバリゼーションの位置づけと整理ということになる。
以下は、その整理を自分なりにしたもの。




続きを読む >>
| 読書(経済学)| 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) |

b09047「経済学とは何か」 経済学理論を結び、考える ☆☆☆
こちらは大学院の先生から紹介された本。
経済学の自主勉強会でアダム・スミス、ケインズ、シュンペーター、フリードマン、マルクス、ハイエク、クルーグマンを扱ってきたのだが、この本では経済学的な疑問点を挙げた上で経済学者たちがどのようにそれを考えてきたかを積み上げていったような構成になっていて、大変面白い。僕にはちょうど読んでいて面白いレベルだった。

1章ではフリードマンに代表される市場メカニズムの経済学が万能なのか。
2章ではハイエクの計画経済の否定などひも解きながら社会主義崩壊について。
3章ではケインズの一般理論について
4章ではケインズの後継者たちの理論について

再度読み返すとさらに学びが深くなりそう。
| 読書(経済学)| 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) |

b09045「目に見えない資本主義」 資本主義はどう変わるのか ☆☆☆
田坂 広志(たさか ひろし)
東洋経済新報社

明日の経済学の自主勉強会の指定本。金曜日には、著者の田坂広志さんの講演会も聴いてきた。

今回のサブプライムから発する経済不況について、経済学の方向性を語ると同時に、今後の世界とそこで生きていくことにつても語っている。
そもそも、今回のサブプライムの問題も、目に見える経済・目に見える資本主義だけを追い続けたことに問題があり、目に見えない資本主義(人と人との協力、共感、社会貢献・・)というものを無視して半ば切り崩したことにより、問題が大きくなったのではないかとする。

不況もあるところで好転していくだろうが(実際に好転しだしている)、そこで僕らが大事なのはそこから僕らが何を学び、何を今後活かしていけばいいのか、という命題によって、この本は書かれており、それこそがこの本が世に出た理由ということだ。

田坂さんの指し示す方向は、世界が半ば無視しようとしていた、「目に見えない資本主義」を現代に合った形で取り戻そうということだ。
この考え方の背景に、弁証法がある。ここでは簡単にまとめられていて、
弁証法の
1.事物の螺旋的発展の法則
2.対立物の相互浸透の法則
で説明している。
つまり、物事が発展していくときは、螺旋階段のように高みに上がると同時に、あるところで以前のものに戻っていく形をとる(例えば、手紙⇒電話⇒Eメール(手紙))。また、対立しているものが近づいていく(例えば、ネットとリアル、ネットはリアルがあってその価値が高まるようになってきた)。

資本主義も、与えるー与えられるという関係ではなくて、昔の共同体のように、共感し自らが動いていくことによって、変わっていくのだということだ。

ポイントは5つあって、
1.操作主義経済⇒複雑系経済
2.知識経済⇒共感経済
3.貨幣経済⇒自発型経済
4.享受型経済⇒参加型経済
5.無限成長経済⇒地球環境経済
である。

心に残ったフレーズをいくつか取り出しておく
・人間の精神の「成熟」とは、「見えない価値」が見えるようになること。p.100
・社会において「分業」や「専門化」が起こる以前には、「消費者」は「生産者」であり、「生産者」は「消費者」であった。 すなわち、「自給自足」の時代。p.122
・「イノベーションの手法」がイノベーションを遂げる。
「享受型イノベーション」から「参加型イノベーション」へのパラダイム転換として。p.124
・「橋のデザイン」を考えるな。「河の渡り方」を考えよ。p.137
・日本文化において最上の心得は、自分と他人を分離しない「自他一体」の心得であり、「主客一体」の心得であった。p.200


| 読書(経済学)| 09:46 | comments(0) | trackbacks(0) |

b09039「ハイエク 知識社会の自由主義」 ☆☆☆
 一週間後の自主勉強会の講師役なのでハイエク本を再読。

今回は注意深く読んでいった。
社会主義のような計画経済について、一部の計画者がすべてを決めていくものであり、そもそも人間の理性や知性では決めていくことなどできないとして、これに反対して、市場にゆだねた経済を提唱する。
市場にゆだねるという点でリバタリアンと言えるわけだが、フリードマンと異なるのは、ハイエクが混沌とした20世紀初めのウィーンを体験したがために、懐疑主義が根底にあるということ。
フリードマンが純粋な経済学者であるのに対して、ハイエクの関心は経済学から法学にあり、心理学や生物学など多様な分野に及んでいる。
そうした多くの学問分野を含めて、経済学を考えることができたのが彼の強みであり、一方でケインズとの論争に負けたりしたことはその弱みが出たのかもしれない。

いずれにしても、サッチャーやレーガンの経済政策に取り入れられて、規制緩和を行って小さな政府に移行していくことで経済的な成功をおさめたという点で、彼の経済学は称賛され続くだろう。

| 読書(経済学)| 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) |

b09035「マルクスは生きている」 平易なマルクス入門 ☆☆
大学院の自主勉強会で今日扱った指定本。
こうでもしなければ、恐らくマルクスに関係する本など、読まなかったに違いないが、読んでみると案外面白かった。

まず、マルクスが唯物論と弁証法的な考え方を有していたという点。

科学の発展も、<<すべてのものに歴史があり、すべてのものが関連しあうという点で、たいへん弁証法的ですし、また、人間の生命も、人間の精神も、物質であるDNAと蛋白質、脳髄・神経細胞を基礎にして解明できるという点で、きわめて唯物論的であることを大きな特徴としています>>p.51 とあり、マルクスの考え方の影響を受けている点は驚きだ。

マルクスは資本主義の問題として、「外的な強制法則」がある点を挙げている。
<<資本が剰余価値への渇望につき動かされて、労働者に長時間労働を強いるなどの過酷な搾取をおこなうことを、資本感個人の善意・悪意をこえた資本主義経済の仕組みの問題ととらえ>>p.102

<<マルクスは、労働組合の組織と運動の正当性を主張した最初の社会主義者だったし、利潤第一主義の横暴から労働者や国民の利益を守る社会的な共生、すなわち「社会的ルール」づくりの重要な意義を理論づけた最初の社会主義者でありました。>>p.103

ここでリバタリアンであれば、市場経済に任せるには、必要最小限の社会的ルールをつくる必要があるのだとするところだろうが、マルクスはこれを計画経済の話に振る。

<<社会主義・共産主義の社会では、経済の計画的な運営が、経済活動の基本的な特徴となり、調和のとれた経済発展を保証する力となるでしょう。>>p.162

勉強会ではこの計画経済が、雇用される側のモチベーションを奪ったために失敗したのではないかという点が挙げられた。また、ハイエクが言うところの、計画することで正しいものを導き出せるわけではないという考え方もあろう。
| 読書(経済学)| 23:36 | comments(1) | trackbacks(1) |

b09034「資本主義と自由」規制緩和による自由な市場経済の達成 ☆☆☆ 
大学院の自主勉強会の次回指定本。
これまで勉強会用に読んだ本の中で圧倒的に読みやすかった。
そして、1962年発行にも関わらず、今、この時代に書かれているように内容が新しい。

フリードマンの考え方は規制緩和によって、自由な資本主義の社会を達成するというもの。経済学が自由であれば、政治もまた自由になるという考え方が背景にある。
<<自由人は、国が自分に何をしてくれるかを問わない。自分が国に何をできるかも考えない。その代わり、自分の責任を果たすため、自分の目標を達成するため、そして何より自分の自由を守るために、「自分は、あるいは仲間は、政府という手段を使って何ができるか」を考える。>>p.24

規制緩和は、僕らが一般的に考えるような既得権益や官庁などにくっついた規制だけでなく、年金や免許というところにまで切れ込むからすごい。
小泉・竹中改革の郵政改革や道路公団民営化なども、このフリードマンの規制緩和の考え方に従っていたようだ。本来ならば、そのまま規制緩和を行って、自由な資本主義の社会を目指していくことが、欠かせなかったように思うけれど、結局、リーマンショックなどによって民主党政権に変わって逆回転しだしている。

ロバート・B・ライシュの「暴走する資本主義」をひも解くと、
<<ミルトン・フリードマンが論じているように、確かに資本主義は民主主義にとって必要な条件である。民主主義には中央権力から独立した民間の経済的権力が必要であるからだ。(略)しかし、過去数十年間、とくに東南アジアをみればわかるように、民主主義は必ずしも資本主義には重要ではないのかもしれない。>>p.11

そして、僕らが消費者であり投資家であるがゆえに、企業活動の歯止めがきかなくなっていくスーパーキャピタリズム(超資本主義)から民主主義を市民の手に取り戻すためにはルールづくりが必要ということになる。規制緩和で市場経済に任せて、自由な資本主義社会を達成して、経済成長を図っていくことは大変よいことだが、そこにルールがないと、すべてが欲望のままに暴走しだして、実態のないものへの価値が鰻登りになって、リーマンショックのようなことが起きてしまうわけだ。
多分それが結論なのだと思う。

でも、日本は規制強化の道に進んで、大きな政府が国民の面倒を見ようとしはじめている。国民が依存すれば、既得権益が跋扈して、市場の競争がなくなり、経済成長は鈍化していってしまうのではないか。だからこそ、フリードマンに立ち返る必要を感じる。

| 読書(経済学)| 23:56 | comments(0) | trackbacks(1) |

b09031「シュンペーター ―孤高の経済学者」 時代を読み過ぎた経済学者 ☆☆
シュンペーター―孤高の経済学者 (岩波新書)
シュンペーター―孤高の経済学者 (岩波新書)
伊東 光晴,根井 雅弘

大学院の自主勉強会の指定本。
当日授業があって参加できないのだけど、本は読んでみました。

経済活動におけるイノベーションや景気循環の考え方を生み出したシュンペーターはケインズと同じ1883年に生まれた。
ケインズのマクロ経済学の理論が不況化において注目を浴びたのに対し、シュンペーターは若くして頭角を現しながら、ケインズほどの注目を浴びることはなかった。
また、離婚、死別と家庭生活においては苦しい時代も過ごしており、そういう意味合いで「孤高の経済学者」と副題をつけられているのだと思う。
20世紀はじめ、時代の終わりともいうべきウィーンで育ち、イギリスの上流階級で若くして刺激を受け、20代で大学教授となり、さらにはオーストリアの大蔵大臣、銀行頭取を30代で経験するという早熟ぶりである。さらにはアメリカにわたってハーバードで教鞭をとっている。
ここまでの英才ぶりなのに、ケインズのようになれなかったのは、彼が時代の先を読み過ぎていたところにもあったようだ。

彼の考え方をピックアップしておく。
ただ・・、理論を教科書的に把握するならば、この本を読むより、Wikiの説明文を理解するほうが手っ取り早いと思う。


<<過去五十年間の世界経済の外貌を変化させたものは、貯蓄や利用可能な労働量の増加そのものではなくて、その転用に他ならなかったのである。>>p.130
<<生産手段の転用は、銀行の信用創造によって、金融(ファイナンス)される>>

<<潜在的に豊かな社会において投資要因が弱い場合には、その潜在的な富にもかかわらず、有効需要の原理の作用によって社会は現実の産出量の減少を余儀なくされ、ついには、その潜在的な富にもかかわらず、社会はきわめて貧しくなる>>p.149

| 読書(経済学)| 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) |

b09029「現代に生きるケインズ」 初心者には理解しがたい数式群 ☆
現代に生きるケインズ―モラル・サイエンスとしての経済理論 (岩波新書)
現代に生きるケインズ―モラル・サイエンスとしての経済理論 (岩波新書)
伊東 光晴


大学院の経済の自主勉強会の指定図書なので読んでみた。
amazonの書評では大好評であるが、経済学に全く触れてこなかった私のような人間には、経済学の数式や図が難解だった。
最初に読むのならば、もう少しハードルを下げるか、本当にテキストのようなもので解読するしかないのかな。
ちょっと落第生のような気分です。

ケインズのベースに、アダム・スミスと同じように、道徳があることが新鮮な驚きでした。
それなのに、どうして、世界は個人の私利私欲的に動く市場経済になってしまったのでしょう。
| 読書(経済学)| 00:43 | comments(0) | trackbacks(0) |

b09025「アダム・スミス」 弱さを賢明さによって制御することで生まれる経済的繁栄 ☆☆☆
アダム・スミス―『道徳感情論』と『国富論』の世界 (中公新書)
アダム・スミス―『道徳感情論』と『国富論』の世界 (中公新書)
堂目 卓生

大学院でやっている経済の自主勉強会の指定本。
せっかく読んだのに、今夜は仕事が忙しくて参加できなかった。

内容は、経済学の祖であるアダム・スミスの「道徳感情論」と「国富論」を扱っている。

アダム・スミスといえば、「神の見えざる手」。市場経済は特に何の手も加えなくてもきちんとまわっていくのだ、という理論かと思いこんでいた。

そうではなく、
<<競争がフェア・プレイのルールに則って行われるならば、社会の秩序は維持され、社会は「見えざる手」に導かれて繁栄するであろう。>>p.100
ということだ。
今回のサブプライムの問題も、フェア・プレイのルール自体が機能していたのかと考えると果たして疑問なわけだ。

スミスは道徳感情論で、自分とは立ち位置にいる公平な観察者という第三者がいると想定して、その目で客観的に見つめなおすことによって、自己や他者の行動が正しい行動なのか見極めるという方法をとっている。

その中で賢人が選ぶ「徳への道」と、弱い人が選ぶ「財産への道」
があるとしている。
<<「弱い人」は、つねに世間の評価を気にする人、称賛を欲し、非難を恐れる人であり、「賢人」は胸中の観察者の評価を重視する人、称賛に値することを欲し、非難に値することを恐れる人だからである。>>p.94

<<「弱さ」は一見すると悪徳なのであるが、そのような「弱さ」も、「見えざる手」に導かれて、繁栄という目的の実現に貢献するのである。しかしながら、「見えざる手」が十分機能するためには、「弱さ」は放任されるのではなく、「賢明さ」によって制御されなければならない。>>p.104

こうした道徳を基礎として、スミスが経済論を打ち立てたということは興味深い。

<<スミスは、国民の豊かさに影響する二つの事情のうち、より重要なのは労働生産性の上昇であると考える。そして、(略)労働生産性が分業によって飛躍的に高まることが示される。>>p.147

<<スミスは、分業が進むためには、まず市場がなくてはならないと考えた。しかし、そのための市場とは、独占の精神によって支配される市場ではなく、フェア・プレイの精神によって支配される市場でなくてはならない。>>p.165

<<スミスは、分業が進むためには、それに先立って、ある程度の資本が蓄積されていなければならないと考える。>>p.178

<<スミスは、ひとつの工場で、一人の労働者が全工程の業務を行うよりも、多くの労働者がひとつの業務に特化した方が、労働者一人あたりの一日の生産量は増えると考えた。>>p.179

また、この時代に進んでいたヨーロッパの植民地支配による重商主義の本質が、<<特権商人や大製造業者の貪欲と、政府の虚栄心を満たすために、国民の財産を侵害する政策>>にすぎないと見破っている。p.227

| 読書(経済学)| 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
Page: 1/3   >>

Category

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode