生ゴミ問題の解決と社会起業家
NHKオンデマンドでCHANGE MAKER「バングラデシュ・生ゴミを宝の山にチェンジ!」を観た。

バングラデシュの生ゴミ問題をコンポストを使って肥料に変えて解決するとともに雇用も生み出した社会起業家マクスード・シンハ さんとイフテカ・エナユツラさんを取り上げていた。
二人はNGO Waste Concernという会社を経営して、社会起業的な手法で収益をあげて、生ゴミ問題という社会問題を見事に解決している。

お二人の活躍については、「クレイジーパワー」p.41や「未来を変える80人」でも取り上げられていた。

--
ついでに以前から興味のあった生ゴミ処理について調べてみたところ、一般に二つの手法があるようだ。
1.バイオ式〜好気性微生物によって生ごみ等の有機物を酸化分解。堆肥ができる。
2.乾燥式〜生ごみの水分を蒸発させて乾燥、攪拌、破砕して減量、衛生化。乾燥させただけで堆肥はできない。

CO2削減については、1の場合は好気性微生物による発酵段階で排出されるし、2の場合は電力消費が関係してくるので、一概にCO2削減できると言いきれるものでもないようだ。(このあたり、ライフサイクルアセスメントではどうなんだろう?調べてみる価値がありそう。)

1の方法だと電力を使わずに堆肥化して循環することができるため、若干手間がかかりそうだけど、より環境に優しい方法と言えるように思う。

家庭でできる方法としては、段ボールコンポストというものがあるそうだ。僕もずっと知らなかったのだけど商品化されている。梱包会社が生ゴミ市場に参入って不思議といえばかなり不思議な現象ですね。

・ダンポスト(福島梱包)
 http://f-konpou.co.jp/danpost.html
 http://www.amazon.co.jp/FUKUYOSI-01-%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%83%88/dp/B001GYLLSY/ref=pd_cp_k_1

・ダンボールコンポスト(NPO循環生活研究所)
 http://www.jun-namaken.com/

・「BOX IN BOX」(デザインオフィス・エム)
 http://www.kokoga-e.com/box_in_box/index.html



法人を相手にやっているところはいくつかあるようです。
・山武の食品リサイクルソリューション
http://jp.yamatake.com/product/ecor/index.html

・楽しい株式会社のメリーズシステム
 http://www.fun-c.jp/merrys/index.html 


| 環境関連のニュースなど| 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

Entry: main  << >>

Category

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode