必要なのは余力なのかもしれない。
日曜日の朝。
今日は仕事をしないことにして、大学院のレポート準備を進めようと考えているのだが、なぜだか、朝から以前の自分のダイアリやブログの文章を読み返してみたりする。

読み返して思ったが、今の僕には仕事においてきゅうきゅうとしていてあまり余裕がない。それが生活に波及している感じがする。
5年前くらいのダイアリには、余力をもつことが大事だなんて、さらっと書いているけれど、今の僕は糊しろまで使っているような気がする。

仕事に余裕がないのは、仕事に対して周りから容赦なくプレッシャーをかけられることもあるけれど、まぁ一因には大学院との両立もあるのかもしれないな。

昔から余力があって始めて新しい発想が生まれて、それが人を惹きつけることができたように思う。

今は鍛錬の時代なのかしら、ね。
(あまりそういうのって好きじゃないけれど。)
| 日々の泡| 08:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

Entry: main  << >>

Category

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode