b09033「ビジネス・インサイト」 研究室的なインサイト論 ☆☆
ビジネス・インサイト―創造の知とは何か (岩波新書)
ビジネス・インサイト―創造の知とは何か (岩波新書)
石井 淳蔵

以前、日経で読んだイノベーションの記事に紹介されていたので読んでみた。

内容は、ビジネスにおける「ひらめき」をビジネス・インサイトとして、それを起こすための教育手法について述べている。
マイケル・ポランニーの「対象に棲み込むこと」がそのカギになるとしている。
そして、それを修得するためには、ハーバード大学形式のケーススタディで有効としている。つまり、ある企業のケースを深く読み、自分が経営者となりきり、戦略を考えること(=対象に棲み込むこと)で自分のものにすることができるからとしている。

僕の通う大学院もケーススタディ形式なので、このあたりの結論は少し物足りなかった。
ケースの先には、現地調査、テストマーケのような実験、疑似体験を積むことが必要となると思うのだが、あまりそこに触れていなかったですね。
それでインサイトを得やすくなることはなるけれど、僕としてはもう一歩先を提示してほしかったな。
| 読書(経営学)| 11:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

Entry: main  << >>

Category

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode