「アイーダ」観劇
23日に電通四季劇場「海」で劇団四季の「アイーダ」を観てきた。
おけぴのサイトで数日前に二階席最前列のチケットをゲットして行ってきた。
ちょうど今年の大学院の授業も終わって、久しぶりに好きなミュージカルでも観てみたいと思ったからだ。
NYと大阪で観て、三回目のアイーダだったが、やっぱりよかった。

アイーダの魅力はこんな感じだろうか。
・まず、許されぬ愛を扱ったラブストーリーでありロマンチックである。
・各幕でメリハリのある展開がある。
・舞台芸術が工夫されている。
・迫力のあるヌビア人の踊りをはじめとして、圧倒的に魅せられる踊りと歌。
・ストーリーのはじめと終わりのつながりなど、工夫がある。

演者はどの方も素晴らしいが、特にアイーダ役の濱田めぐみさんの演技と歌唱には心を動かされる。舞台に立っているだけで、凛としたものを感じる。

| 観劇| 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

Entry: main  << >>

Category

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode