年末年始休み(北海道1日目)
今日から年末年始のお休みになりました。
休日初日から5時起きで羽田から朝8時の便で北海道の千歳空港へ。
千歳空港からバスで、支笏湖を経由してニセコへ。
支笏湖までの道中が、雪に覆われた深い森の中の一本道で幻想的で素晴らしかった。
木々の梢は雪で覆われていて、静寂の中をバスは進んでいった。

ニセコのホテルはヒルトン。
ニセコは比羅夫(ひらふ)がオーストラリア人向けの飲食店やロッジがひしめく活気あるスキー基地的な町になっていて、このヒルトン周辺はあくまでリゾート客をホテル内で囲う仕組みになっているようで、町が発展する気配がない。
ホテルの中ですべてが済む仕組みだが、ヒルトンであるゆえに何もかもが高いので、お金のことを気にし出すと、ちょっとどうかなという感じはする。ただ、ホテルの部屋からは羊蹄山とそこに続く雪原が一望でき、素晴らしい。お風呂やレストランからの雪景色も素晴らしく、満ち足りた気分になれるので、まぁそのあたりで満足ラインを越えてしまっている。
スキーは10年ぶりくらいで、自分が滑れるのかどうかもわからなかったが、昔取った杵柄というのだろうか、案外すいすいと滑ることができた。ニセコの雪はパウダースノーなので、いやらしさ(岩やアイスバンなど)がないので、素直に滑っていれば問題ない。今日は一時間だけ滑ったのだが、一度も転ばなかったよ。

もう二日スキーをして札幌に移動の予定です。

| 旅のようなもの| 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

Entry: main  << >>

Category

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode