「小野竹喬展」 五感が開いていく体験 
 


東京国立近代美術館で「小野竹喬展」を観た。
竹橋で竹喬を観るとは不思議な符合。

伸びやかな構図の日本の田園風景や自然が描かれている。
パステルカラーを使った明るい色遣いが心を浮き立たせてくれる、春の展覧会にはうってつけだったのかもしれない。
観ていると、静かな心持ちになり、絵の向こうから風や草木の匂い、波の音などが聴こえてくるように思えた。
なんとも素晴らしい体験だった。

| たまにアート| 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

Entry: main  << >>

Category

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode