m10011「9(ナイン)〜9番目の奇妙な人形〜」



休日の仕事を終えてから、飯田橋でシェーン・アッカーの「9」。
ティム・バートンが参加しただけあって、映画の作りが細かく、マニアック。
次々と敵が襲ってきて、展開が変わっていくので、飽きることもない。
テーマ自体はあまり深堀りしすぎずに流した感じがしたよ。

| 映画| 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

Entry: main  << >>

Category

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode