m10013「インセプション」 夢の重層のアイディアは面白いが・・ ★★


映画の日に仕事帰り、妻と待ち合わせて、クリストファー・ノーランの「インセプション」。
ノーランらしい重層的な世界観とアクション、CGの創りだす世界は素晴らしいが、そもそもの渡辺謙が持ち込むミッションの必要性がわからない。
ミッションの必要性がいかほどかわからないまま、次々と夢の世界の下層へ移っていき、それは最後まで明かされない。
ライバル企業をもってくるなら、それこそ失った愛を取り戻すといったことをミッションにもってきたほうが共感できたのではないのかなぁ。
まぁ、映画の日に仕事で凝り固まった脳細胞をほどくにはちょうどいい映画だったと思います。

帰りは、吉祥寺のカフェ・ユッカに久しぶりに立ち寄って、ソファでのんびり。

| 映画| 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

Entry: main  << >>

Category

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode