m11019「絶望の国の幸福な若者たち」 社会全体としては問題あるが本人たちは幸せ ★★
m11019「絶望の国の幸福な若者たち」 古市憲寿 講談社★★

20代でこれだけの書籍を出す方なので、さすがに内容は興味深く読ませる。但し、先行する論説を年齢や地位など無視してバサバサ切り捨てていくのは凄いのだけど、それと裏腹に自己愛の強さや冷めた態度が透けて見えてしまって、多分そこが反感を買うだろうなとも思う。

内容は、極めて困難な社会状況の中にあっても、若者は幸せに暮らしているのだという事実を突き付け、その理由が‐来それ以上に好転しないことを若者が悟っていること(将来が今より良くなる可能性があれば現状に満足することはない)、同じような仲間と繋がって自分が承認されていることで、その「島宇宙」でよしとしてしまっていること、という仮説を立てている。

また、著者がピースボートでの経験から引き出した自説として、島宇宙たる共同体に安住できることで、目的性が失われるということも書いている。

いずれもなるほどと思うのだけど、この状況が厄介なのは、幸福感の中にいる人を変えるのは難しいということだ。社会の動きを感知しないで生きていく人が多くなるのは、社会が変わっていく原動力が失われてしまうために問題が多いのだけれど、幸福感の中にいる人を引っ張り出すのはとても難しいような気もする。そもそも、若者以外が若者を批判するのはお門違いで将来に希望がもてない今の状況を創りだした先行世代にこそ問題があるのかもしれない。(それで今の若者は・・・とご託を並べられては若者も可哀そうかもしれない。)

自分は仕事で先日、大学の社会学の先生とお話したのだけれど、先生も同じことを危惧されていた。閉塞した自分の世界の中で満足して社会とのつながりをもとうとしない学生が多いことに。先生は学生のうちから社会とのつながりを意識することが大事なのだとおっしゃっていた。
(12月中にJRの中央線や埼京線等にポスターとして掲出しているので読んでみてください。)
| 読書(その他)| 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

Entry: main  << >>

Category

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode