ある金曜日の夜に
今日は仕事も早く終わって、妻と1歳の娘(そう、1年前に娘を授かったのです)も帰省中ということで、新宿に出て映画を観ました。
「アイアンスカイ」という映画だったのだけど、正直期待外れだったかな。突拍子もないSFなんだけど、アメリカを自嘲したような映画のつくりで、ブッシュが嫌いで正義を笠にするアメリカのあり方を自問しているアメリカ人おたくだったら楽しめたと思う。
ちょっとがっかりしたわけだけど、そのあと、山の手線から眺めた渋谷や原宿あたりの街並みを眺めていたら、それが既にSFで、自分が過去からタイムマシンに乗ってきた人みたいに思えた。(あるいは、タイムマシンに乗ってきて、さっきこれまでの記憶を植えつけられたばかりなのかもしれない。)

それから五反田でご飯を食べて帰ってきた。五反田というのは、なかなか不思議な町だ。猥雑で怪しさがあるのだけれど、飲食店が多く、まぁ、人の欲望や裏面というものが表出している。
僕が住んでいる町はそこから地下鉄で一駅で、猥雑さは消えて庶民的な町だ。
コインランドリーとクリーニング店が多く、焼き鳥、コロッケ、焼肉屋の類が軒を並べている。その前に住んでいた吉祥寺界隈にあったフレンチだとかイタリアンとかカフェとかバーとか気のきいた居酒屋といったオシャレなものはここにはない。
僕は引っ越したばかりのとき、余りの違いに驚いたけれども(少し落胆もしたけれども)、まぁ結局乳児を持っている親ともなれば、どのみち、オシャレな外食なんかほとんどしないものだ。

既に長々と書いているが本題はこれから。
22時になって、家から辺りをランニング。
適当な方角に走っていくと、僕が通勤のときに通り過ぎる駅なんかに出る。そうやってこれまで点でしかなかった町が、線として繋がっていく。
そして、今日僕が不思議に思ったのは、どこまで走っていても、そこに人の暮らしがあるということ。
庶民的な居酒屋があって、誰かが飲んでいて、誰かが夕食を食べていて、誰かがカウンターで頬杖をつきながら本など開いている。そうしたものの繰り返し。
僕はひとりしかいないけれど、世界にはたくさんの人がいて、そう、僕が走って回れる範囲だけでも、たくさんの人たちが暮らしている。

僕の人生は限られていて、多分人生の半分くらいまでやってきていて、もはやそうした人たちと全て交わったりすることもないことを僕は知っている。
僕の命は限られていて、世界をすべて見ることはできないし、世界のすべての人と話すことはできない。
ただ、途方もない世界の広さ。
そういうのって、ちょっと切ない。

あるいは、もしかしたら僕はさっき過去からやってきて、この記憶を植えつけられたに過ぎないかもしれないけれど・・・。


今夜はひとりだから、ひとりでゆっくり考えている。

| 日々の泡| 00:32 | comments(0) | trackbacks(1) |
Comment








Trackback
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | at: 2012/10/20 1:52 AM

Entry: main  << >>

Category

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode