川乗山(川苔山)登山
奥多摩の川乗山(川苔山)登山に行った。
11時にJR鳩ノ巣駅を出て、ピークに13時半、JR古里駅への下山が16時半過ぎと長々と山を歩き回っていた。
標高の低いところは谷間沿いの日当たりの悪いところは杉林で、日当たりのいいところは広葉樹林。
登りではシカやリスなども出てきて楽しめた。
ピークでの眺めは奥多摩の山々が見渡すことができるが初めての山々ばかりでそれも似たような緑で覆われた山なので特筆することもない。
奥多摩の魅力の味わえるコースとしてガイド本では紹介されていたけれど、正直言って、今後もう一度登るかどうかは微妙。
低山という割には、長時間歩かなくてはならず、杉林は変化がないからね。
個人的には北海道の山のように樹林帯から程なくしてハイマツや高山植物帯の尾根に移ってくれたほうが好きかな。(というか、それにあまりに慣れすぎてしまっているのかもしれない。)

高尾山、川乗山までは、実はプレ山行の位置づけでした。
目標はそもそもの登山再開の契機ともなったNHKドラマ「氷壁」で出てきた山梨の三つ峠だったのです。
天気さえよければ今月のどこかの週末で狙おうと思います。











| 山登り| 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

Entry: main  << >>

Category

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode