3日目 ドブロヴニク
朝日とともに起きる。
デッキに出てみて、朝日と海風を浴びる。
朝食はなかなか豪華。

そうこうするうちにドブロヴニクに到着。
フェリーを降りて最初に声をかけてきたおばちゃんに連れられてSOBEに行った。
港から歩いて10分ほどの丘の中腹にあるSOBEで、ブドウ棚があって、港を一望できて、よいところだった。
(SOBEは民宿で、地元の人が空いたベッドルームを旅行者に貸しています。バカンス向けにたくさんあります。)

旧市街までバスで行く。まずは城壁めぐり。青い透明感のある海や古い城壁もさることながら、町の人々の生活の様子がよくわかって面白い。どの家もブドウ棚やイチジク等の果樹や花々を中庭やテラスに植えて生活しているのが垣間見れる。生活の充実度がかなり高そうだ。観光客からそうした生活を覗かれるような感じなのだけど、住んでいる人は観光町ということを理解しているのか、特にストレスもなさそうだった。(日本じゃ、ありえないようにも思ったけど)


城壁をめぐって一周ができる。海とオレンジ色の屋根の間を歩くことになる。アドリア海の日差しはさんさんと降り注ぎ、あっという間に日焼けした。






旧市街のレストランでイカ墨リゾットを食べる。ムール貝が上にのっていて、とても美味しかった。妻の注文したマルゲリータのピザは若干塩気があった。ワインも飲んで、すっかりいい気分になる。


途中の市場で買ったブドウを城壁の下で頬張ってから、SOBEに戻る。外の日差しは強いけれど、中は涼しく快適。あっという間にぐっすり。

| クロアチア旅行| 10:44 | comments(0) | - |
Comment








Entry: main  << >>

Category

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode