FC東京 VS 横浜FC  日向ぼっこのサッカー
味スタでサッカー観戦。
試合開始前1時間前にコンビニでチケットを買って、バス一本で向かう。
割と気軽に行けてしまうところがいい。

東京と横浜の対決であれば、それなりに盛り上がってもよいところだが、下位を低迷している2チームのせいか、スタンドは空席も目立ち2万人ほど。(FC東京の経営側は3万人を目標にしているみたいだけど、まぁ現状では仕方ないですよね。)

入場の際に、ポスターが配られて、それを選手入場の際に全員で掲げるというパフォーマンスはなかなか面白く感じた。
視覚的な効果があって、スタジアムの熱さが伝わりそうで面白い。

だが、試合は低調。
横浜のカズは奮闘するも最後の切れがもうひとつ。
FC東京はボールのつながりと連動性が相変わらず悪い。
ワンチョペは身体が柔軟で驚かされるが、それがゲームと関係ないところで発揮されていて、あまり意味性がない。恐らく前線で張って、突如姿を現してゴールゲットするというのが特長なのだろうけど、そのあたりがこのチーム内では伝わっていないようにも思う。結果的に、ワンチョペも日本人的な献身的な動きをしたりして日本文化に溶け込もうとするのだけど、それって自分の特長を消してしまうんじゃないのかな。
福西もアクロバッティクな身体の使い方をするのだけど、周囲との連動性に欠けてしまって、パスミスも目立った。

FC東京のサッカーは観ていて、なんだか礼儀正しいサッカーだな、という気がする。日向ぼっこに出てきてサッカー選手という感じで、精神の高揚といったものが感じられない。つまり、チームとしての戦術を全員が理解しきれていないせいなのではないのかな。あるいはリスクをおかして波状的に攻撃するといったことがないせいなのかな。戦術が勝利に結びついたとき、激しい喜びと興奮が湧き上がるのだろうけれど、それを体験できていない気がする。
結果的に勝ったから、観客も日向ぼっこでもいいよね、という感じなわけだけど。
スポンサーが電力会社ということで堅実運営というのがチームの方針なのかな。

家に帰ってテレビで見たレッズとフロンターレの試合のほうがずっと面白かったわけでした。フロンターレの中村のような強い意志と激しいプレイを、FC東京にも求めたいです。日向ぼっこはスタジアムじゃなくてもできるもの。

| サッカーを観る| 23:59 | comments(0) | - |
Comment








Entry: main  << >>

Category

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode