「血の婚礼」 緊張感みなぎる舞台
大久保の東京グローブ座で白井晃演出の「血の婚礼」を観劇。

ストーリーは何と言うことはないが、緊張感にあふれた演出が素晴らしかった。
フラメンコのタップのリズムと森山未来の若さに満ちた激しさのある演技がよかった。
ソニンや江波杏子さん(花婿の母役)といった役者さんもそれを盛り立てていた。
席が舞台に近く、俳優の方の表情まで見れたのはよかったです。
白井さんの舞台は「偶然の音楽」に続き二作目ですが、また観たいと思わせるものがあります。


| 観劇| 22:15 | comments(4) | - |
Comment
こんにちは!
「血の婚礼」は、私のアルバイト先である松本の劇場でも公演があります。
観に行こうかどうしようかまだ考え中ですが、パキラさんのブログを見て観に行く気になってきました(笑)
せっかく劇場と関わりのあるバイトをしているのだから、本物に触れる機会を増やしていこうと思います。
Posted by: ミッキー |at: 2007/05/14 3:27 PM


劇場でバイトされているとはいいですね。
観て損はない舞台だと思いますが、チケット代が玉に瑕ですよね。

Posted by: パキラ☆ |at: 2007/05/14 10:01 PM


チケット代・・・
学生の身分としては涙が出てしまいます。
今月は葉加瀬太郎さんなどが出演する「image6の」コンサートへ行くので、血の婚礼は金銭的に辛いかもしれません。
欲張らないで、今の現状を楽しもうかな^^
Posted by: ミッキー |at: 2007/05/15 12:18 AM


そうですね。
働くようになると、お金ではなくて今度は時間に悩む破目になったりするんですけれどね。

葉加瀬さんのコンサートも楽しそうですね♪
Posted by: パキラ☆ |at: 2007/05/15 11:45 PM










Entry: main  << >>

Category

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode