雨中の「コンサドーレ札幌」VS「東京ヴェルディ」
雨の味スタでコンサドーレ札幌と東京ヴェルディとのゲームを観戦。
J2の試合なのでスタジアムまで行くバスの本数もほとんどないというか、最寄駅からの直通バスがなくなるので、普通の乗り合いバスで行った。

ゲームは序盤からヴェルディペース。開始そうそうにFKから簡単に合わせられて一点。その後もヴェルディが着実に点をとっていった。
コンサドーレはJ2首位とは思えないような不甲斐なさ。
堅守で手堅い試合を身上としていたように思うのだが、ヴェルディの前線のブラジル人選手達の個人技にいいようにやられていた。
雨が降っていたために、守りにくかったのはわかるのだが、消極的なプレイが多く、それがピンチや失点に連鎖的につながっていった。
コンサドーレはまだ首位にいるのだが、J1でこのまま戦えるかますますもって心配。(J1に上がれるかを心配するほうが先なのかもしれないが。)
DFのサイドの読みや技術がちょっと心もとないように思う。また、中盤の底でもボールをしっかりキープできる選手が必要のように思った。それからストライカーも・・・。
スポンサーの石屋製菓の不祥事に負けずに、頑張ってほしい。

ゲームは1−5でした。ここまですっきり負けるとある意味爽快。

| サッカーを観る| 16:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

Entry: main  << >>

Category

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode