最近読んだ本と映画のメモ

 最近読んだ本と映画のメモ。

○本
・b11003「旅をする木」星野道夫(文春文庫) ★★★
短編エッセイから成りたつ本だが、一つ一つの話の比重がとてもある。星野さんの生き方が自然に対して真摯でかつ温かいまなざしをもっているから、それがなせるのだろう。
この本を読んでいると、ザックにテントとシュラフを詰め込んで、誰も行かないような原始林が荒野でも旅したい気持ちになるね。
もっと早く出会ってもよい本だった。
そしたら、僕の人生は星野さんからもっといろんな影響を受けていただろう。

・b11002「クォンタム・ファミリーズ」東浩紀(新潮社) ★★
I君に勧められて読んだ本。村上春樹の「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」を下敷きに、世界の二重構造化が科学的に証明される近未来を舞台にしたSF。
発想は面白いが、やや小説世界の構造を気にかけ過ぎて、主題がそれより弱くなっていた感もある。また、この量子力学?の科学を駆使した世界の構造と、度重なるタイムスリップに読者が置き去りにされるような感もある。
ただ、この小説でのメッセージは、今の世界を精いっぱい生きていくことが大事であるということ。つまりは、ありえたかもしれない世界を後悔するのではなくて、今の現状を受け入れつつ、そこから最善の道を模索していくことこそが重要だということ。

・b11001「ストーリーとしての競争戦略」楠木建(東洋経済新報社)★★★
経営学の本としては、随分思いのたけをつぎ込んだ本のように思える。
素晴らしい戦略は人に話したくなるようなストーリーをもつものだ、というのは確かだろう。
よい戦略は単なる思いつきではなく、戦略全体できちんと整合性がとれていて、一見不合理な点も、戦略全体でみれば合理的なのだという点が面白かった。
人真似ではなく、自分の頭で考えて論理矛盾を起こさないようにすることが大切だと思ったよ。


○映画
・m11008「somewhere」ソフィア・コッポラ ★★★
 冒頭のいくぶん退屈な、スポーツカーが円状のトラックを何度もまわる映像。
 一見優雅そうに見えるけれど、そうした回転には何の意味性もないことを意味させていた。
 主人公はリッチな生活を送る俳優。お金にも物にも名誉にも女性にも、すべてにおいて不自由なく生きているのだが、その生活は早送りして見ていけば、何かの意味性を有していない。生きること自体に信念を感じられず、ただ欲望に従って日々を送っているに過ぎない。(ただ、この主人公のよいところは決して悲観にはならず極めて楽観的なことだ。よくも悪くも楽観ということだ。)
 そうした生活を再度見つめ直すきっかけを与えたのが11歳の娘とのひととき。彼にとって、娘と過ごす時間が他のどんな時間よりも愛しく大切になる。そこでようやく、スポーツカーで同じ円を廻り続けることに疑問をもちはじめ、自分はからっぽなんじゃないかということに思い至る。
 誰にでも理解してもらえる映画じゃないけど、でも確実に人の人生を見返すことのきっかけを与えると思う。そして、大事な人との時間を大切にしたいと思わせる映画である。

・m11007「ミツバチの羽音と地球の回転」★★★
  感想は⇒http://blog.pitarafarm.com/?eid=62

・m11006「180° SOUTH(ワンエイティ・サウス)」★★
  感想は⇒http://blog.pitarafarm.com/?eid=56

・m11005「フードインク」★★
 アメリカにおいてトウモロコシが、あらゆる食糧の下味となるコーンスターチやハンバーガー等のもとになる肉牛等の家畜の飼料として利用されていて、それが低所得者層の糖尿病などを招いていることをわかりやすく描いた作品。トウモロコシは、農薬を大量に使った大規模栽培化に向かって、まるで工場のように生産されていく。そうした食糧生産と食糧供給のシステムが壊してしまったものを明らかにする。

・m11002「ベルヴィル・ランデブー」(再)★★

・m11001 「キング・コーン」★★
 若い二人の青年がトウモロコシ大規模生産を体験していくなかで、アメリカの食が偏った方向に進んでいることを暗に告発したドキュメンタリー。


| 日々の泡| 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) |

m11004「ソーシャル・ネットワーク」 ネットのなかで隠し通せない孤独と自己顕示欲 ★★★
 


仕事帰りに吉祥寺のリゴレットで妻と待ち合わせて、軽くイタリアン&ワインしてから、デヴィッド・フィンチャーの「ソーシャル・ネットワーク」を観てきた。
そもそも、ソーシャル・ネットワーク・サービスは人と人をつなぐツールであるはずなのに、創業者自身は孤独であるというのが逆説的だ。
彼がそうした人と人のつながりを求めていたからこそ、こうしたサービスを求めていたのかもしれない。
だけど、ビジネスを進めれば進めるほどに、周囲の人と亀裂が走っていき、彼はそれを修復する術を知らない。
ネット時代だからこそ、人間関係が破綻していても、ビジネスは成長し続けられるということなんだろうか。

また、人はビジネスの流れのなかにいると、どんどん自己顕示欲が強くなって、その快感に酔いしれてしまうように、この映画を観て感じた。理念というものを掲げても、それ以上に自分のなかで膨らんでいく欲望を抑えるのはかなり難しい。
この映画はそれを客観的に捉えているようにも思えた。

この映画自体、恐らく、フェイスブックの協力な広報ツールとなっていくけれど、同時に自分たちの弱さを公開していくことにも繋がっている。
今や、どのような情報も隠しとおすことはできない。ならば、すべてを公開して、そこから何が生まれるのか確かめてみよう、そんな時代なのかもしれない。
フェイスブックにも、創業者たちにも、従来の価値観では図りきれない価値観と度量の大きさとパワーを感じた。

| 映画| 00:45 | comments(0) | trackbacks(0) |

m11003「シングルマン」 生の極致、美の極致 ★★★

土曜日に下高井戸シネマでトム・フォードの「シングルマン」を観た。

まったくノーチェックだったのだが、勝手に敬愛している「BLOG IN PREPARATION」で紹介されている記事を読んで、you tubeでチェックしたら、映像の美しさにこれは見なきゃとなった。

トムフォードの美的感覚には、最初から最後まで恐れ入る。
スローモーションでの映像や、相手の瞳の奥に何かを感じ取る感覚には、身震いを覚える。
もし、こんな感覚で毎日を過ごしているのだったら、その感覚の喜びよりもむしろ苦しみのほうが大きくなってしまうだろう。
主人公にとっては、このような素晴らしい感覚が残っていてもなお、それ以前の満たされた情愛を失ったことへの喪失感のほうが大きい。
死に装束まで用意して、すべてを美のままに葬り去ろうとする潔さは、日本の切腹的な美しさに相通じるものがある。

しかし、最後の最後、死を目前にして、感じ取った生を貫く感覚への興奮と高ぶり。
海へ飛び込むときに感じる生への発露。
すべての感覚がクリアになって、これならば彼は生きられると思うのだが、運命とはなかなか自分の思うどおりにはいかないものですね。

なんとも素晴らしい映画を見ました。

| 映画| 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) |

針を飲み込む魚、それから「三四郎」のこと b11001
 朝早くから仕事があって、目覚ましをいつもより大分早い時間に設定したのだけど、そんななかでも人は夢を見るものだ。

僕は渓流釣りをしていた。
渓流の瀬に、糸を流して、魚がかかるのを待っていた。
それから見事に二匹の魚を釣り上げた。
なかなか、好調。

そして、さらに竿をふって糸を流したのだが、流れの途中で糸がとまった。
それが手前の大きな岩で隠されて、いったい何が起きたのかが瞬時にはわからない。
これは、川底で針がひっかかったかなと思って、竿のグリップをきかせてみると、なんと魚がかかっている。
僕が気づいた時点で、魚が動き出すとは、魚も随分と鈍重なものだ。
余り抵抗もなく、その魚は引き上げられたのだが、その魚を見て驚いた。
針をすっかり飲み込んでいるんだ。
針を無理やり引きぬくのでは、魚だって痛いだろう。
息の音をとめて、頭を切断するしか仕方あるまい。
と思って、なんだか魚の気分になって、僕は息が詰まる気がした。
魚だって、好きこのんで針を飲み込んだわけでもなし。
ほんとうは魚が餌に食いついた瞬間に、あたりを合わせて、竿をあげれば、魚の口先を針はきれいに貫通できていて、内臓への痛みなど与えなくて済んだのに・・・。

そして、夢から目覚めた。
のどが少し乾いた。

この夢が何かを象徴しているのではないかと思って、ちょっと気味が悪くなった。
後味の悪い夢である。


今日は仕事で、もしかしたら自分が針を飲まされることだって容易にありえそうな事態に遭遇した。
それは僕の思いすごしか、考えすぎなのだろうか。
危ない餌に呑気に食いつくことなく、少し注意をする必要があるかもしれないと僕は思った。

ちなみに課長とその夢の話をしていたら、「魚が人の顔だったわけじゃないんでしょ?だったらいいよ、俺なんていつも仕事の悪い夢しか見ていないよ」なんて言うんだもの・・・。ふへぇー。タフに生きないといかないとね。

以上、夢の話おわり。


今日は仕事の合間に待ち時間がずいぶんあって、小説を読めた。
漱石の「三四郎」。
こんな青春小説でもいろいろと考えさせられるところが多い。
この肩すかしのような恋愛小説を三四郎側から読むと、まさに肩すかしなわけだけど、これは美禰子側から読むとかなり難しい選択をしているんだなと思う。
単純な恋愛の心で考えれば、三四郎との間を詰めていけばいいだけなのに、彼女の自我がそうさせない。
三四郎は、東京大学で将来は大成するかもしれないけれど、今はまだ田舎上がりの一学生さんに過ぎないからだ。
経済面が担保されておらず、美的なセンスが発展途上で、全般的に大人としての余裕や責任感が感じられない。
だから、三四郎への間合いを詰めることができない。彼の気持ちがわかっていてもだ。
ストレイシープは、彼女の心の迷い。
なぜ、感覚にゆだねることができないのか。
物事を冷静に見る力があるから逆に、自分の感情を見失ってしまう。
だからといって、感情に従えば、「それから」の代助のようになってしまうわけだが。

この小説、現代では理知がどこでも勝っているから、美禰子の行動自体は不思議でない。だけど、それでいいのかどうかはわからない。わからないから小説のテーマになりえるわけだけど。

打算やら理知やら大変だな現代は。
針なんか飲み込みたくないし。
小説的な啓示なしの、ただのんびりと釣りをする夢でよいのにね。

| 読書(小説)| 20:46 | comments(0) | trackbacks(0) |

b10038「ドイツ グリーン・ツーリズム考」 農業の将来像
僕らがぴたらファームでやろうとしている農業の参考になるかと思って読んだみた本。

東京農業大学の出版会の刊行で、ドイツのグリーンツーリズムの博士論文を書籍化したものだが、非常に参考になった。

ドイツでは、日本より先行して、農家が生産だけでなく、グリーンツーリズムや動物糞のバイオマス等の自然エネルギー生産で収入を得られる仕組みになっている。それが社会全体が後押しをしていて、末端の農家が知恵を絞るという形になっているようだ。

本の中で主旨がまとめられていたので引用

p.142
ドイツのグリーン・ツーリズムの特性を総括する。
第一が、農家支援のための農業政策が環境政策へとシフトし、農業政策と環境政策の融合が進んだ結果、ヨーロッパ型の多面的農業と牧歌的な田園景観が形づくられたことである。
第二が、グリーン・ツーリズムの推進組織が政府や農家との連携でユーザー志向のマーケティング方策を積極的に取り入れ、新たなツーリズム市場が確立された結果、これまでの農家の片手間仕事のサイドビジネスが主要な収入源へと成長したことである。
第三が、農産物の生産者としての農家が、独特の田園環境を資源として活用する農村起業家へと変身し、経営センスに磨きをかけ農村振興を牽引したことである。
それぞれが時代のニーズに合わせ、影響し合いながら好循環でグリーン・ツーリズムを発展させ、新規雇用を生み出す田園ビジネスが誕生したのである。


農業は生産だけでは収益を確保することが難しい。
ぴたらファームでの活動も、グリーンツーリズムに舵をとりながら進めていく必要があると確信を得ました。
| 読書(農業)| 09:36 | comments(0) | trackbacks(0) |

今年のベスト
年末なので今年のベストを振り返っておきます。
大学院修了してからもっと観たり読んだり出来るかと思ってましたが、9月から始まったファームにかなり時間を割いたように思います。
 

映画
・息もできない
・瞳の奥の秘密
・ハートロッカー

小説
・1Q84 Book3 (村上春樹)
・ドーン (平野啓一郎)
・猫を抱いて象と泳ぐ (小川洋子)
・俺俺 (星野智幸)
・幻影の書 (ポール・オースター)

その他の本
・リンゴが教えてくれたこと (木村秋則)
・環境と経済の文明史 (細田衛士)
・オーガニック革命 (高城剛)
・日本辺境論 (内田樹)
・出現する未来 (P.ゼンゲ他)
・未来を予見する5つの法則 (田坂広志)

アート
・ルーシー・リー展(国立新美術館)
・小野竹喬展(東京国立近代美術館)
・アーティストファイル2010展(森美術館)

舞台・音楽
※ほとんど観てない(涙)




| 日々の泡| 11:53 | comments(0) | trackbacks(0) |

最近読んだ本や映画のこと
ファームをはじめてからは、忙しさにかまけて、本も映画も演劇もアートも触れる時間が少なかったけれど、そのなかでもいくつか観たり読んだりしていたので、アウトプットします。

●映画
m10017「白いリボン」ミヒャエル・ハネケ監督 2010/12/25


カンヌ受賞作
第1次大戦がはじまる直前のドイツの村を舞台に、抑圧された状況下で起きる事件を描いた作品。
人間心理にクローズアップして、モノクロで描いている分、余計なものをわざと見せないようにしている。
謎解きの多いストーリーだが、実はこの謎は一度漠然と観たくらいでは解けない。
解くことができない謎を用意することで、観た人のなかで簡単に消化されることを拒んでいる。
一体なんだったのだろう?と社会、宗教、政治の背景、さらには村人たちの心理を考えていかざるをえない。
そのなかで何か普遍的なもの(抑圧と悪意と暴力の発露の関係)を見出すに至れるのかもしれない。
僕はずっと、カーリーの事件の真相を考えていて、このいったりきたりを繰り返している。
ネット時代では誰か彼かが回答を用意してくれていたりするのだが、この映画に限っては回答がない。
つまり、9割9分の観客は謎であることはわかっても謎が解けていないということなんだよね。
それにしても、ここまで観客を考えさせる映画はないように思う。


m10016「ノルウェイの森」トラン・アン・ユン監督 2010/12/23

映像に心理描写を重ねたのは監督らしいところだったのだろうが、原作を忠実に追い過ぎたような気がした。
原作がこれだけの名作だと、既に観客は自分のノルウェイの森をもっているから、
それとの違いを明確にしたものにするか、それ以上の世界観を提示するかしないと苦しいね。
悪くない映画だけど、もう一度観たいかと言われると、クエスチョン。


●読書
b10037「ハーバードの「世界を動かす授業」」リチャード・ヴイートー 徳間書店

各国の歴史や社会的状況、政策を、全体像として眺め、戦略が適切かどうかを見極めようという壮大なハーバードの授業。
日本が郵便貯金により国として投資資金をつくり、必要な産業に集中投下していたという分析は分かりやすいです。


b10036「アラスカ 風のような物語」 星野道夫 小学館文庫

アラスカの厳しい自然のなかでは、動物たちの存在が大きくなり、また人もひとりひとりの存在が強くなると感じられた。
星野さんの自然や動物、人への温かいまなざしがよかった。


b10035「Natural Food 自然の野菜は腐らない」 河名秀郎

b10034「南の島のティオ」池澤夏樹 文春文庫

b10033「夏の朝の成層圏」池澤夏樹 文春文庫 (再読)


●アート
「ゴッホ展」国立新美術館
「陰翳礼讃展」国立新美術館

| 日々の泡| 08:43 | comments(0) | trackbacks(0) |

やさと農場の収穫祭
 ツリーハウスプロジェクトの終了依頼、ご無沙汰していた「organic farm 暮らしの実験室 やさと農場」の収穫祭に伺った。
新宿から天ぷらバス(天ぷらを燃料として動くバス、化石燃料を使わないためCO2を排出しない)で農場まで。
今回は、なんと120人もの方が集まったということで、農場は熱気であふれていた。

ツリーハウス・カフェに、アーティストたちの踊りや歌唱、それに有機野菜や豚を使った料理の数々ということで、野外イベントとしては完成度が非常に高かった。

ぼくらが始めたぴたらファームも、この農場がモデルとなる。
だけど、この農場のもつ様々な資源やネットワークには到底足元にも及ばない。
しかし、一歩一歩やっていけば、きっとやさと農場のような素敵な農場になっていくのだと思う。

僕がこのやさと農場で得た人とのネットワークは、驚くことに、今年の春から夏にかけて構築したものだ。
動いていけば、繋がっていける。
繋がっていくことで、新しいことが生まれていく。
そんな化学変化みたいなことを成しえる場所が有機農場のよさなのかもしれない。
有機は、炭素であるけど、僕は人をつなげていく機会が有ると勝手に訳している。

こんな素晴らしい一日に、友人たちに、感謝。
| ファームをつくろう| 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) |

ぴたらファームについて
このブログでも触れているとおり、9月から山梨県北杜市白州で、仲間4人により、「ぴたらファーム」を開設しました。

ぴたらファームについてのブログ記事は、今後、基本的に「ぴたらファーム」のWEBページに移したいと思います。

http://pitarafarm.com


無農薬・無化学肥料の安全安心な野菜セットの購入も可能となっています。
ぜひ、支援していただければ幸いです。

http://blog.pitarafarm.com/?eid=4
 (←ファーム概要と野菜購入のブログ記事)

こちらのページでは、ファームのブログに掲載しないことや、個人的な日々の泡的生活(本のこと、映画のこと、旅のことなど)を書きたいと思います。
ではでは、今後もよろしくお願いします。


今の畑の様子です。ずいぶん、育ちました。
思い描いて、行動すれば、すべては実現します。
ただ、野菜づくりは弟の技術と経験とセンスに依存していますが・・。


ぴたら君です。ぴたらはマオリ語でテントウムシです。


野菜セットのサンプルです。
今年は葉物が中心となります。
とても美味しいですよ。年内は送料込2,200円です。

| ファームをつくろう| 07:45 | comments(0) | trackbacks(0) |

m10015 短編アニメーション
10月1日の映画の日の夜に、妻の同僚のMさんに誘われて、吉祥寺の短編アニメーションを観に行った。
本当は、Mさん、Mさん妻、僕、妻の4人で見るはずだったが、仕事でMさんと妻が遅れたために、僕はMさんの奥さんと二人で観た。
映画館の前で初対面だったから、何だか不思議な感じだったな。
映画のほうがシュールで、かなり暗い映画も多くて、若干辟易。
映画観が変わる映画というのが売りだったようだったが、確かに映画観が変わってしまう可能性を孕んでいたね。

僕はもう少し、明るいものが観たいなとつくづく思ったよ。
表現するのは自由だけど、あまりに重いものを投げつけられるとちょっと困ってしまうよね。

映画を観た後、Mさんとも合流してリゴレットのソファでワイン飲んで、ピザやらパスタを食べた。
なんだか、気持ちのよい夜だった。
| 映画| 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
Page: 2/89  << >>

Category

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode